カテゴリ

フォトアルバム

紹介

  • 管理人:メルポポと申します。 メルとポポそしてロンのパパです。 愛車 ドラスタ400クラッシック と 市民農園での出来事もつづります。
  • 奈良県在住
    メルちゃん(中央): 女の子  トライ 体重:5.0㎏ 性格:怖がりで優しい ポポちゃん(左): 男の子 ホワイト&ブラック 体重:5.2㎏ 性格:勇敢で表情豊か ロンちゃん(右): キャバリアとアメコカのハーフ犬 7.2kg

時間


  • 奈良の会社設立屋が送る奈良画像

新着

  • キャバ

更新ブログ

ショップ

  • メルとポポの生まれたところ

  • ABC DOGS (メルポポママ友)

« だずぅげぇてぇ~。。 | メイン | バイクで »

2016年5月25日 (水)

メルちゃん

久しぶりにブログします<(_ _)>

今年も、狂犬病予防注射を終え、フィラリア

のお薬と、健康診断を兼ねて5/20にお世話になっている

生駒の病院に家族全員で行きました。

1464137051414

1464137134811

1464137026155 ロンは、ほかの犬や怖がると高い声で鳴く

癖があるためおとなしいポポと一緒にカートへ

(最初の写真)メルちゃんは、動き回らず

おとなしいので、飼い主の横へ(2番目3番目の

写真)

 思えば、結婚前に猫のメイちゃんが家に来て

16歳前に旅立ち、耐えられずその年にメルちゃん

を迎え今年で9歳になります。

 今回の検診で、メルの心臓に異音が見られ

レントゲンを撮ることに・・。心臓の大きさには

以上は見られませんでしたが、『僧帽弁閉鎖不全症』

と言われました。

 先生より詳しく説明され、帰宅し、メルポポママは

友達とそのことを話すと涙声になっていましたが、

 パパのほうは、何れなる可能性が高い病気と思い

涙は出ませんでした。

 でも、このブログを書いているとメルを飼うまで

のことや、メルといっぱい遊んでなかったなぁとか、

いろんなことを思うと・・・。

 先生は今の状態で、2~3か月後再診と言われ、

咳がひどくなったら、すぐ来てくださいと言われ、

薬は、まだ必要でないと言われて病院を後にしました。

 メルとポポは、興奮すると咳を今までもしていましたが、

病院に行ったあと、メルが咳を続けてしたら、ドキッとします。

 たまにしかしないブログになってしまい、また、この

eoブログもスタートがなぜか重くなってきていますが、

メルを飼いだして始めたブログなので、引っ越し

したくなく、読んでいただける人も少ないと思いますが

 この病気との付き合い方を教えていただきたく、

コメントください<(_ _)>

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/388706/33835839

メルちゃんを参照しているブログ:

コメント

犬を飼ってはいないけど、人も同じ。
薬を飲み続けても穏やかに暮らしていければ。
メルポポさんみんなにアドバイス貰って良かったね。

こんにちは♪
時々ブログを読ませていただいてました。うちもキャパリアの多頭飼いです。11歳と9歳。高齢になってきました。11歳の子は9歳の頃から、9歳の子は3歳の頃から心雑音が出て、どちらも初期でしたが、薬をのみ始めました。お医者様の考え方の違いもあるかと思いますが、早く対処すれば現状維持ができ、長く元気に過ごせるとか・・・。複数のお医者様に聞きましたが、同意見でした。
毎月、お薬をもらいに行くのは正直邪魔くさいですが、症状の進み具合もわかって安心です。
初期だからと経過をみるより、投薬を始めたほうが安心かもしれませんね。
普段の生活も、あまり興奮させず、暑さ寒さも大敵なので、蒸し暑く感じるころにはエアコンをつけて快適にしてます。
投薬歴は長いですけど、おかげさまで、症状が進むことなく元気に過ごしてます。
どうぞ、いつも通りにじゃれあってください。一番嬉しいことでしょうから・・・。

そっかー。
でも、キャバリアにはつきもの(絶対ではないけど)のリスクだし、
年齢がある程度いってからの発症はゆっくりゆっくりだと思うので、
日々のメルちゃんの様子を観察しながら、
今まで通りの愛情で見守ってあげたらいいんじゃないかな~。
ニコの場合は5歳で心雑音が出たの。
若く発症するコは、進行も早いと言われているけれど、
実際に進行したのは10歳近くになってから(別の病気で手術の後)だった。
これからは、高温多湿になっていき、
ワンコにとっては辛い季節になるので、
そんな事も気にかけてあげながら、
今まで通りにたくさん愛してあげてね。 

プリンは今年で11歳
病気にもならず相変わらず食っちゃ寝るしてるわよ
キャバって平均寿命が短いって言うか大型犬と同じ12歳っていうものね
メルちゃんはまだ若いよん
大丈夫
興奮すると人間も咳しますcloud

みなさんへ
ありがとうございます。
変わったことがあると落ち込みやすい
者であるため、いただいたコメントで
少し落ちつきました。
ありがとうござます。

犬を買ったことがないので分かりませんが、いつも通りせしていればいいんじゃないですか。
犬は飼い主の心情を敏感に察知すると言いますからね^^
したっけ。

ラッキーも僧帽弁閉鎖不全症でした。
咳が出るのは,心臓が肥大して
肺を圧迫するからですが
それは,僧帽弁閉鎖不全症が進行したときだと思います。
まだ薬も飲まなくていい段階なら,
咳はまったく違う原因だとおもいますので,そんなに気にする必要はないとおもいます。
僧帽弁閉鎖不全症の進行をおさえるために,血管を拡張する?薬が処方されますが,
それは飲み始めると,一生のみ続けるのだそうです。
ラッキーは,13歳のときから飲み始めました。
そして,半年ごとに,超音波検診をしましたが,あんなに散歩をしていても,ほとんど進行しませんでした。
なので,メルちゃんもきっと大丈夫!
ラッキーは,僧帽弁閉鎖不全症ではなく,心臓腫瘍が原因で亡くなりました。
なので,心臓腫瘍さえなければ,僧帽弁閉鎖不全症があっても,
今でも,生きていると思っています。
メルちゃんは,薬を飲まなくてもいいのだから,
まだまだ大丈夫だと思いますよ。

そうそう~ひでちゃんの言うとおりだよ
ぽんちゃんは2年前から飲み始めてますよhappy01
副腎の病気も見つかったので、少し早目ですがね
でもねぇ~思うんだけど、お薬ありきでも元気に穏やかに過ごせてたらそれでいいじゃん!!
打倒!メリーちゃんだわよぉ~(笑)
メリーちゃんを超えて長生きしてもらいたいわよ!!
キャバ飼いだもの心臓のリスクはしょうがないよ。
でもそれ以上の幸せをくれるじゃない。
上手に付き合っていきましょう。

お久しぶりです。メルちゃんもう9歳なんですね。
我が家のメリーは若い頃から咳をしたため病院に行ったら やはり心臓との診断でした。
でも お薬と上手に付き合い 13年の犬生全うしましたよ。
悲観的にならず 無理なくゆっくり過ごさせてくださいね。
キャバリアの運命なのかな…?
でも 歳を重ねるごとに どの子も心臓も歳を取ると 我が家のかかりつけ医は言います。
うまく付き合うことが大切だよ。
飼い主もね(笑)

コメントを投稿

メルとポポに ポチっと

twitter

ツイッタ―

動物ニュース

最近のトラックバック

ウェブページ

コード